コラム

債務整理をした場合、結婚をする際に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理なしに、多額の借金が残っているほうが問題です。

債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てたい時、債務整理後、7年間は住宅の月賦が組めない事です。

7年間以上あけるとローンを組むことが可能になります。

キャッシング、カードローンなどは言うまでもありませんが、クレジットカードの契約が不可能、あるいは所持しているカードが使用不可といった出来事は十分考えられます。

また、車を買う時のローンは組めませんし、住宅ローンは決して許されません。

それゆえ、キャッシングの大手業者ではお金の借り入れはできなくとも小さい業者のときは審査が通る確率もあります。

現実、大手の業者では審査をパスできなかった人が小さな業者では審査に通ったという話があります。

たくさんの結果が報告されています。

借金なんてそのままにしておいたらって友達にアドバイスされたけれど、それはよくないと思って債務整理を決意しました。

債務整理すれば借金の額は小さくなりますし、頑張れば返していけると考えたからです。

おかげで日々の暮らしが苦しくなくなりました。

債務整理は無職の方でも用いることができます。

言わずもがな、誰にも内緒で手続きをうけることもありえますが、大掛かりになってしまうなら家族と話し合ってみた方がいいです。

専業主婦でも支払いが難しくなれば、弁護士に依頼してどうにでもできます。

債務整理の仕方は、たくさんあります。

中でも一番スッキリする方法は、一括返済してしまうやり方です。

一括返済の場合の利点は、その債務をまとめて完済しますので、以後の複雑な書類の手続き及び返済が必要ないところです。

理想的な返済法と言うことが可能です。

自己破産の利点は免責となれば借金を返す必要がなくなることです。

借金の返済方法に悩んだり、金策に走り回らなくてよくなります。

特に、財産をあまり持っていない人にとっては、借金返済で手放さなくてはいけないものが多くないので、良い部分が多いと感じます。

債務整理を弁護士、司法書士に委託するとき、忘れてならないのは着手金及び以降かかって来る経費のことです。

着手金の場合、平均して一社で約二万円です。

時々、着手金無しだと言う弁護士事務所も見かけますが、これは過払い金がある人だけに適用されますから、依頼する時によく注意しましょう。

公的機関を通さない任意整理をすると連帯保証人となった人にしわ寄せがいくということを知っていますか。

自分自身で支払う必要がないという事は本人の代わりに連帯保証人が支払うという事になってしまいます。

ですから、その事を忘れないように心がけて任意整理を為すべきだという気がしますね。

なお、公共料金、電話料金などの延滞ではリストには入りません。

あくまでも、ブラックになるのはカードやキャッシングなどの支払取引のときの情報のみなのです。

携帯電話の未払い時にブラック登録になるといった情報も存在します。

大手企業の審査はスコアリングシステムに重点を置いていますが、中小のキャッシング業者の審査は独特の審査基準を取り入れています。

一つ例を挙げるとすると対面での審査が存在します。

お客がそのままお店に行って、面接のような形で正当性を判断されます。

任意整理とは、債権者と債務者が相談することで、金利を引き下げたり、元金のみの返済にしてもらうように依頼するという公共機関の裁判所には関係なく借りたお金を減額する手段です。

大多数の場合、弁護士とか司法書士が債務者に代わって交渉し、毎月の支払額を減少させることで、完済の目途がつきます。

債務整理をした場合、ブラックリストに名前を載せられ、5年の間、その記録が残り、クレジットカードの審査は通らないと言われます。

でも、5年もしないうちに作成可能な人もいます。

そういったケースでは、借金を完済したという場合がほとんどです。

信用があればカードを作成する事が出来ます。

債権調査票とは、債務整理を行う時に、どこでお金をどれほど借りているのかをきちんと分かるようにするための文書です。

お金を借りている会社に要請するともらうことができます。

ヤミ金に関しては、もらえないこともありますけれど、その場合は、自分で書面を準備すれば大丈夫です。

債務整理してから、というと、利用できなくなります。

債務整理を申請してしまうと、それ以降、数年に渡って、しばらくお待ちください。

債務整理をしていても生命保険を解約しなくても良いことがあるでしょう。

任意の整理を行っても生命保険の解約は必要ありません。

注意しなくてはならないのは自己破産をする際です。

自己破産をするとなると裁判所から生命保険を解約するように命令される場合があります。

お金を借り入れるとき、過去に未払いの履歴があるとブラックリストに入ってしまい、借り入れができないときがあります。

特に、有名な大手業者の場合はそのような状況に陥りやすいようです。

ところが、小さな業者によっては問題なく借り入れができることもあります。

ブラックリストに載っているかな…と感じたときは小さな業者に絞って申し込みをするといいでしょう。

私は個人再生としたおかげで、月々にかかる住宅ローンの支払いがはるかに安くなりました。

それまでは毎月支払うのが難しかったのですが、個人再生によって債務が軽くなったのでとても返済金額が少なくなり、生活に余裕が生まれました。

遠慮せず弁護士に相談してみて良かったと嬉しく思います。

再和解というものが債務整理にはございます。

再和解とは、任意整理をした後に、また交渉して和解することです。

これは出来る時と出来ない場合があるため、出来るか否かは弁護士に相談後に決めてください。

借金で首がまわらなくなり、手も足もでなくなった時は弁護士や司法書士に頼りましょう。

もうギブアップという場合は自己破産という手段を選べます。

何年間か海外に行けなくなるなどの制限が発生しますが、借りたお金は無くなります。

個人再生という方法をとるには、安定した収入などのある程度の条件が必要となります。